スポンサードリンク

松山道後温泉

3000年を超える歴史をもつ道後温泉。そのシンボルは明治27年に建築された道後温泉本館。建物と大浴場はレトロな空間。道後温泉街には商店街もあり、ゆかた姿の宿泊客が湯上りの散歩を楽しむ。近くにある子規記念博物館や道後公園もお勧めスポット。

道後温泉では放生園の他各旅館に趣の異なった足湯が人気。全館ではないが、ちょっとした足湯巡り(無料)ができて楽しいですよ。道後温泉本館とあわせて、浴衣姿でそぞろ歩きはいかが?

ギャラリー道後
do2.jpgdo1.jpg do4.jpgdo3.jpg
do6.jpgdo5.jpg
do8.jpgdo7.jpg
do10.jpgdo9.jpg

道後温泉 ホテル茶玻瑠に泊まりました。

この度はお世話になりました。お部屋も広く、お掃除も行き届き快適に過ごせました。お出かけ用の浴衣と寝るときの浴衣とあり、汗をかいても着替えがあるというサービスは嬉しかったです。大浴場の備品も揃っているので、手ぶらで入浴が可能でした。露天からの景色も良かったです。接客係りの方も、坊ちゃん列車の時間を調べてくれたりと、とっても助かりました。ありがとうございます。私自身もホテルを経営しているので、いろいろ勉強になりました。ただ2点ほど気になることがあります。食事が終わったらお茶のセットが見当たりませんでした。それと食事の時の、鯛のパエリアです。鯛の臭みがお米に沁みこんで、とても食べられませんでした。一度下処理するか、臭みを消す食材を入れた方がいいかと思います。それがとても残念でなりません。これからも頑張ってください!!
posted by 坊ちゃん at 05:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 伊予のご馳走 おいでん家

道後温泉本館を目の前にする、鮮魚店直営の食事処。瀬戸内海の旬の幸を、気軽な居酒屋風の雰囲気の中で食べさせてくれる。道後散策にオススメのプランが『湯あがり御膳』。神の湯二階席の入浴券と人気の三津の朝市ご馳走膳がセットになっている。昼御膳と宵御膳があり、地ビールや地酒と一緒に味わいたい。
posted by 坊ちゃん at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 観光人力車(くるまやさん)

道後温泉本館を起点に、人力車に乗って道後の町を観光してみよう。道後温泉や商店街、道後公園、放生園などを10分で巡るミニコースと、ミニコースに湯釜薬師も加えて20分で巡る坊ちゃんコースがある。予約をすれば昼間のみ、石手寺まで巡ることもOK。坊ちゃんコースから写真撮影サービスが付いている。
posted by 坊ちゃん at 13:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 田舎のごちそう物語り はいから亭

1960年代の風景をイメージした店内には、レトロなアルミ看板がズラリ。スタッフが県内をくまなく回って集めてきたものだそう。メニューは郷土料理をアレンジしたオリジナルをラインナップ。伊予牛、鳴門金時、四万十川の海苔など、四国の食材へのこだわりも十分だ。甘味や居酒屋風メニューも豊富。
posted by 坊ちゃん at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 道後ぎやまんの庭

江戸時代のびいどろ・ぎやまんから、明治大正時代のガラス作品まで、約300点を展示した「むかしガラスミュージアム」。和ガラスの魅力にふれたあとは、カフェでお食事、ショップでお買い物。庭は水と緑に彩られ、夜ともなればイルミネーションが輝きます。 
posted by 坊ちゃん at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 松山城

松山のほぼ中心、勝山山頂に建つ名城。慶長7年(1602年)に賎ケ岳七本槍の1人加藤左馬介嘉明によって、築城が開始され、寛永4年(1627年)に.完成。日本を代表する連立式平山城で、安政元年(1854年)に再建された天守が現存する。天守、櫓など計21棟が国の重要文化財に指定されており、長きに渡って市民や観光客に親しまれている松山市のシンボルである。
posted by 坊ちゃん at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

オールドイングランド道後山の手ホテル

英国の古き良き薫り漂うホテル。快適な休日をお過ごし下さい。

道後のしっとりしとした佇まいの中、坂の途中にある煉瓦造りの洋館。ドアを開けロビーに入れば、オールドイングランドを想わせる、大きな暖炉、アンティークな家具が迎えてくれる。

道後温泉にあって、瀟洒なホテル。オーナーのこだわりなのか家具も落ち着いていてよい。シングルルームの用意があって、部屋は特に問題なし。大浴場はゆったりしていて、内風呂と半露天(?)風呂と2つあり、お湯は道後温泉の湯。サウナもあってリフレッシュできた。浴衣姿で近所を散策できるという温泉地ならではの立地。下駄と湯かご(ボディソープ、シャンプー、タオル入り)を貸してくれて、道後本館(千と千尋の神隠しのモデルの湯)と足湯めぐりにも行ってきた。夕涼みできて大満足!そして朝食付きで9,800円はGOOD。その朝食は、和食か洋食か選ぶのだが、洋食にしてみた(次回は和食にしてみよーっと)。きちんとしていた。卵料理はオムレツを選び、フワフワのオムレツが登場しおいしかった。優雅な気分で過ごせる。女性一人でもOK。
posted by 坊ちゃん at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後プリンスホテル

友人3人と宿泊させていただきました。従業員の方の対応がとても良くて、快適に過ごすことができました!!!担当の仲居さんがユーモアある方でとても楽しかったです。また、お風呂が2フロアもあってお風呂好きの友人はとても満足していました。部屋も特別室というだけあってすごく広くて綺麗!!!また部屋食でのんびりできたし、ホテル全体的に清潔感があって満足満足です。また、道後に来る機会あらば御願いしたいと思いました。ありがとうございました!!!
posted by 坊ちゃん at 12:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 宝荘ホテル

食事がおいしく、食べきれないほどありました。お風呂も露天風呂で、とてもよかったです。駐車場が無料なのも助かりました。電話の対応や、接客のサービスなど、とてもよかったです。お土産屋さんも近く、素敵なお店もたくさんあってとても満足です。また、利用したいです。
posted by 坊ちゃん at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉祭り(3月)

道後温泉も過去三千年の間に幾度か地震で湯の湧出が止まりその都度、先人たちは神仏に祈り回復、再興してきた。

近年では南海大地震のとき湯がとまり、地域をあげて「湯祈祷」(ゆきとう)を実施したところ数日後に見事再度湧出回復し、当時の町民たちは狂喜乱舞し三日三晩踊り明かした。

以来毎年、各地区毎に踊りの連を繰り出し賑やかさを競っていたが、観光ブームに反比例するごとく徐々に衰退した為、一時は4月3・4・5日の松山春まつり・お城まつりの日程で温泉まつりを実施していたが道後温泉の本館設立百周年を向かえた平成6年度(まつりは7年3月)より旧来の3月19・20・21日の日程に戻して、松山春祭り・道後温泉まつりとして新たに「道後温泉時代行列」等も加えて実施している。

道後温泉本館の「玉の石」まえでの「湯祈祷」(ゆきとう)や「温泉おどり」、「マドンナみこし」等の行事を開催実施。
posted by 坊ちゃん at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 口コミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。