スポンサードリンク

松山道後温泉

3000年を超える歴史をもつ道後温泉。そのシンボルは明治27年に建築された道後温泉本館。建物と大浴場はレトロな空間。道後温泉街には商店街もあり、ゆかた姿の宿泊客が湯上りの散歩を楽しむ。近くにある子規記念博物館や道後公園もお勧めスポット。

道後温泉では放生園の他各旅館に趣の異なった足湯が人気。全館ではないが、ちょっとした足湯巡り(無料)ができて楽しいですよ。道後温泉本館とあわせて、浴衣姿でそぞろ歩きはいかが?

ギャラリー道後
do2.jpgdo1.jpg do4.jpgdo3.jpg
do6.jpgdo5.jpg
do8.jpgdo7.jpg
do10.jpgdo9.jpg

道後 湯の宿 さち家

2006年4月オープン!源泉かけ流し、全8室の小さな宿

道後温泉本館から徒歩1分。100%温泉掛け流しの温泉と趣向を凝らした懐石料理が自慢。以前の旅館を全面リニューアル。「さち家」として生まれ変わった。

大変良かったです。あえて気づきの点をいくつか言うとすれば、私たちには料理の量が多すぎました(個人差があるかもですが)。他の投稿にもありましたが、お酒のメニューを作られたらどうでしょうか。また、宿の玄関までは直接、車では行けないのだから、その旨、HPに記載して車で来たお客との待ち合わせ場所を明記したらどうでしょうか。私の場合は、宿のすぐ側まで行って迷ってしまい結局、電話することになりました。電話したら宿から走ってきてもらい、恐縮しましたが。(男性/40代)
posted by 坊ちゃん at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 ホテル椿舘別館

2002年11月30日オープン。道後の新しい顔として登場。

外観は本館同様明治の洋館をイメージ。食事はバイキングスタイル。露天風呂付大浴場は男女別々で広々として開放感に溢れている。玄関脇には足湯も配し、無料で誰でも利用できる。

コストパフォーマンスはイイです。安く宿泊でき、夕・朝食ともバイキングなので全く問題ないです。ただ、せっかくの旅行なのでもう少し奮発たほうが、贅沢な気分が味わえたのかもしれません。 (男性/30代)
posted by 坊ちゃん at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 メルパルク松山(郵便貯金会館)

歴史と文学の城下町を旅した後のくつろぎを

くつろぎのメインロビーとフロント、ゆったりとした客室、生まれ変わった温泉大浴場など、心と体を癒す施設が充実してます

部屋は広くてキレイで快適に過ごすことが出来ました。(男性/30代)
posted by 坊ちゃん at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 ホテル古湧園

館内で三種の湯めぐり。夕食はお部屋で海の幸を堪能!

温泉街の高台にあり西に松山城東に道後温泉本館と眺めは抜群。露天風呂、御影石風呂等のお風呂は朝夕男女入替制でたっぷり楽しめ、新鮮な瀬戸内魚介満載の会席料理ともども大満足まちがいなし。

猛暑の中での宿泊でした。お部屋に入ると冷凍庫にグラスが冷やしてあり、さっそく用意されたお水を飲み、ほっとしました。道後の夜景の見える部屋食は魚料理中心でしたが満足しました。主人はいろいろなお風呂を楽しみ、道後温泉本館まで足を延ばしていました。又、娘はサービス券でゆかたの貸し出しを利用、夏祭り気分を楽しみ思い出深い旅行になりました。お世話になりました。(女性/50代)
posted by 坊ちゃん at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 ホテル椿舘

佇まいは明治の洋館、3階までの吹き抜けロビーが圧巻

明治の時代を彷彿させる西洋館風建物。袴姿のマドンナが迎えてくれる。館内は内風呂、露天風呂はもちろん、露天風岩風呂つぼ庭付特別室も。

8月上旬、一泊でお世話になりました。まるで坊ちゃんの小説の中に入り込んだかの様な内装で、ホテルに入った瞬間から心躍りました。部屋、風呂、食事すべてにおいて満足いくサービスで、初めての夫婦の旅行を楽しむことができました。またマドンナになることができて、妻も喜んでおりました。次回道後温泉を訪れる際も、またお世話になりたいと思います。どうもありがとうございました。(男性/20代)
posted by 坊ちゃん at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後温泉 ホテル茶玻瑠

出過ぎず、行き届いた人肌のもてなしが心地よい露天風呂のある宿

道後温泉本館徒歩1分の立地、自慢は伊予路の旬の素材を使った会席料理と城下町を一望できる屋上露天風呂。お泊りのお部屋で食事できるのも茶玻瑠ならでは、文学と歴史の町「道後」を心行くまで堪能できる。

部屋係のかたがとても感じよかったです。夕食も和風旅館なのにイタリアン風で味もよかったです。(女性/50代)
posted by 坊ちゃん at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

坊ちゃん列車に乗ろう!

【明治時代の坊っちゃん列車】
その昔、伊予鉄道開業から間も無い頃(明治21年)から67年間にわたり活躍した蒸気機関車がモデルとなりました。当時は黒煙をもくもくと出しながら、最大で18台で地域と地域を結び、松山市民の足として活躍しました

【「坊っちゃん列車」は小説のタイトルから】
なお、「坊っちゃん列車」という呼び方は、夏目漱石の小説「坊っちゃん」で登場人物が利用したことから、タイトルに「列車」が付き、そのまま人々に親しまれるようになったことによるものです。

【「電車」の登場、「坊っちゃん列車」引退!】
それから、蒸気機関車(坊っちゃん列車)は、地域の経済・産業・文化の向上に貢献しましたが、列車の電化に伴い路線から姿を消しました。
当時の坊っちゃん列車のうち、機関車は鉄道記念物に、さらに客車を含めては県文化財に指定され、梅津寺パークなどで展示されています。

【坊っちゃん列車、ふたたび】
「坊っちゃん列車」の復元については走行場所をはじめ技術的にも数多くの問題があり困難とされてきました。しかし、地元地域からの熱い声を受け、また地域活性化の起爆剤として、多くの難題をクリアし実現したのです。
昔、石炭で蒸気の力で動いていましたが、現在はディーゼルエンジンを採用しています。さらに、煙突から出ている煙に見えるものは、蒸気を煙に見たてたものです。環境に配慮した面も新生「坊っちゃん列車」の特徴と言えます。
posted by 坊ちゃん at 04:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

オールドイングランド道後山の手ホテル

英国の古き良き薫り漂うホテル。快適な休日をお過ごし下さい。

道後のしっとりしとした佇まいの中、坂の途中にある煉瓦造りの洋館。ドアを開けロビーに入れば、オールドイングランドを想わせる、大きな暖炉、アンティークな家具が迎えてくれる。

一度は泊まってみたいと思い、ビジネスプランを利用しました。女性としては、よくあるビジネスホテルを利用するより、部屋の広さや雰囲気など、ずっといいなあと思いました。若いスタッフの方々も、大変親切で好感がもてます。出張で松山に行くことが多いので、次回も利用してみたいなと思いました。(女性/30代)
posted by 坊ちゃん at 04:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後グランドホテル

新鮮な瀬戸内の幸と心あたたまる おもてなしの宿

希望のお客様に「坊っちゃん」、「マドンナ」の衣装貸出し着付けを承っております。(要予約・一着700円)オプションとして道後の街を一周する人力車も手配してくれる。(一周20分、1500円)。

従業員の方の親切な対応、道後らしい服装がたいへん良かったです。夕食・朝食ともに大変満足しました。お風呂は大変きれいで、気持ちよかったのですが、露天風呂がちょっと・・。もう少し開放感があれば良かったのですが・・。部屋はひろびろとして良かったのですが、エレベータの音が響いてきて気になったのと、かど部屋で横の壁に窓があり、そこにはカーテンがなかったので、朝、明るくなると目が覚めてしまい、夜間は、ゆっくり休むことが出来なかったのが残念です。 (男性/30代)
posted by 坊ちゃん at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ

道後プリンスホテル

■■残暑お見舞い申し上げます■■

館内でお楽しみいただける湯めぐり、気持ちよくご滞在いただくための徹底した清掃など、お客様にお喜びいただくおもてなしを心がけております。鮮度や質にこだわった料理も合わせてお楽しみください。

設備も充実し掃除もいきとどいたホテルで満足しました。ただ、夕食はもうひと工夫必要ではないかと思いました。大広間の夕食は会場にしばらくセットしたままではなかったかと思いますが、料理の表面が乾燥していました。満席でなかなかサービスが行き届かず、残念でした。 (女性/50代)
posted by 坊ちゃん at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 口コミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。